コラム

じっくり検討すべきだった!太陽光発電を設置して後悔した内容とは?

コラム
2019年10月24日

後悔しないためにも、太陽光発電の内容をしっかり確認

太陽光発電は自宅で発電をすることができ、売電収入を得られますが、実際に設置してみると、保証の件で思わぬトラブルが発生することがあるほか、思っていたほど発電しないこともあり、設置を後悔してしまうこともあるでしょう。

そのようなことを防ぐためにも、太陽光発電を設置する前には、太陽光発電について十分に理解しておくことが重要となります。

保証内容に満足できなかった

太陽光発電システムを設置した後に後悔してしまう点として、保証内容に満足できなかったことがあげられます。

特に、保証内容に関してトラブルになりやすいのが、自然災害が原因のトラブルです。太陽光パネルは、落雷が原因で破損したり、台風の被害によって損傷したり、さらには火災によって焼失してしまうことも考えられます。

利用者としては、保証期間内であれば自然災害が原因でも対応してもらえるだろうと考えてしまいがちですが、たいていの場合、自然災害を原因とした故障の場合は、保証に対応しないことが多いのです。

自然災害を原因とした故障であっても保証を受けたい場合は、システム保証と出力保証のほかに、「自然災害保証」をつけているメーカーの製品を使用する必要があります。

また、システム10年保証、出力20年保証という内容である場合、太陽光パネルの保証が20年ととらえてしまうケースも見受けられます。

メーカーの中には太陽光パネルそのものを20年間保証する場合もありますが、多くの場合は、太陽光パネルの出力だけを20年間保証するのであり、太陽光パネルそのものは10年保証となっていることもあります。

太陽光発電システムの保証は複雑な内容となっていますので、保証内容に後悔することのないよう、事前に確認しておきましょう。

相見積もりをしていなかった

また、太陽光発電システムを設置する場合に後悔することとして、相見積もりをしていなかったことがあげられます。相見積もりとは、複数の業者に見積もりを出してもらったうえで見積価格を比較することです。

太陽光発電についてあまり詳しくない場合、相見積もりを行わず、即座に一つの業者に決めてしまうことがありますが、太陽光発電システムの設置価格は業者によって異なり、場合によっては、同じような条件でありながら設置費用を抑えられることもあります。

太陽光発電システムの設置前にこのことに気がつけば良いのですが、相見積もりをしないまま設置工事を依頼したときほど、設置工事が終了した後に安く設置できる業者があることに気がつくものです。

太陽光発電システムを設置する場合は、価格を抑えるためにも相見積もりを必ず行いましょう。また、単に価格が低い業者を選ぶのではなく、太陽光発電システムの内容が納得できるものであるかどうか、という点も確認しておきましょう。

発電量が想定よりも少なかった

そのほか、太陽光発電システムを設置したときに後悔することとしては、発電量が想定していたよりも少ないことがあげられます。

発電量が少ないと感じてしまう理由としては、太陽光発電システムの出力と実際の発電量が異なるためです。

例えば、太陽光パネルの設置角度は1年間を通して一定ですが、太陽の角度は刻一刻と変化しているため、発電量は常に変化しています。朝方や夕方、冬場など、日射の角度が低いときほど、発電量は少なめとなります。

また、パワーコンディショナーが作動していると、若干ながら発電量は下がります。

その理由は、パワーコンディショナーは太陽光パネルで発電した直流電流を、家庭内で利用できる交流電流に変換しますが、電流を変換するときにエネルギーを消費するためです。そのため、発電量は下がることがあるのです。

夏場は日射量が多いため、他の季節と比べると発電量は多いように感じられますが、太陽光パネルの素材である「シリコン」は熱に弱い性質を持っているため、太陽光パネルの表面温度が高くなるほど、発電量が低下しやすくなります。

このように、太陽光発電の発電量はさまざまな条件によって少なくなることがあり、思っていたよりも発電量が少なく感じられることがあるのです。

設置費用の元をなかなか取らない

「太陽光発電は設置費用の元が取れる」といわれており、投資目的で太陽光発電システム設置することがありますが、実際に設置してみるとなかなか元を取らないため、設置したことを後悔してしまうことがあります。

なかなか元を取らないことの要因としては、「費用が多くかかっていること」、そして「売電価格が低いこと」があげられます。

費用が多くかかってしまう理由は、設置を検討しているときに相見積もりを行わず、結果的に設置費用が高額になってしまったことがありますが、メンテナンス費用がかかることも費用が増加する要因となります。

太陽光発電の費用は、設置したときだけにかかるのではなく、維持費もかかることをあらかじめ理解しておきましょう。

また、固定価格買取制度において、売電価格は年々低下しています。売電価格が高ければ、費用が高くても元は取りやすいですが、売電価格が低い状態であれば、費用が高いほど元は取りにくくなってしまいます。

そのため、太陽光発電システムで元を取るためには、いかに費用を抑えるか、ということがポイントとなります。

太陽光発電を設置したときの後悔に関することは、個人で運営している太陽光発電のブログを参考にしてみましょう。

太陽光発電を設置して後悔してしまったときの状況を把握し、設置者自身も後悔することのないよう、太陽光発電の内容を事前に良く確認することが大切です。

(画像は写真ACより)