陸屋根用 軽量アンカーレス架台 UPBASE

UP-BASEとは

UP-BASEは、陸屋根の工場、社屋、商業施設等に太陽光パネルを設置する際に最適な陸屋根専用架台です。置くだけで屋根を傷つけず、軽量設計なため建物への負担も軽減できる架台で、今後需要増加が見込まれる自家消費型太陽光システムの設置に活用できます。

UP-BASE 7つの製品特徴

1

軽量設計

建物への負荷は
35kg/㎡以下

2

低コスト

シンプルな構造で
低コストを実現

3

多様なパネル選択

許容サイズ内であれば
どのメーカーでも使用可

4

防水層の保護

アンカーを打ち込まないため、建物を傷つけない

5

発電量最大化

パネル下を密閉せず放熱するため発電量低下を軽減

6

高い施工性

パネルの固定はラックレスで施工時間、コストを削減

7

メンテナンス性

特定のパネルだけ取り外し可能でメンテナンスが簡単

UP-BASEの安全性

強風耐性

太陽光システムを屋根に設置するうえで重要なポイントの一つは強風に対する耐性です。アップソーラーは実際の設置をコンピューターで再現し、あらゆる角度から架台の強度を分析しています。
その結果、Up-Baseは基準風速38m/s、最大瞬間風速は60m/s以下であれば設置可能で、日本の大部分の地域で設置可能です。

コンピューターによるUP-BASEの強度分析
コンピューターによるUP-BASEの強度分析

UP-BASEの製品外観

UP-BASEの製品外観

UP-BASEの製品概要

対応屋根種類 陸屋根
屋根勾配 3度以内
モジュール角度 5度(山型)
地表面粗度区分 地表面粗度区分Ⅱ、Ⅲ
設置基準風速 38m/s以下
最大瞬間風速 耐風速性能 60m/s以下
設置可能高さ 20m以下
垂直積雪量 標準仕様: 0~40cm / 積雪仕様: 41~70cm
対応モジュールサイズ 縦幅1650mm~1900m,、横幅930mm~1200mm、厚み30mm~45mm
※設置条件を満たしている場合でも設置環境やその他条件を複合的に判断して設置不可となる事があります。