産業用蓄電池の種類・価格はどのようなものか?

蓄電池
2021年1月29日

こんにちは。太陽光システムのプロ集団ソーラーデポです。

太陽光の自家消費需要が高まっている中、同時に需要が高まっているのが産業用の蓄電池です。主な使用用途としては法人の災害・停電対策となります。

産業用蓄電池はメーカー、価格帯様々なものがあります。特に価格だけについて言えば産業用蓄電池は非常に高額です。太陽光システム一式と蓄電池システムが同じ価格ということもあるぐらいです。

もちろん施主様はそのような市場価格を知らないため、自家消費システムの見積もりがある場合、太陽光システム+蓄電池というご要望が少なくないです。しかし一度蓄電池の見積もりを見ると高額な蓄電池に驚かれて導入を断念するというケースが多いです。

蓄電池が高額になる理由の一つが、停電になった際に1日、2日の様にある程度長い間会社に必要な電力を全て蓄電池でカバーするという希望になるためです。施主型の考えとしてはごく自然ですが、筆王な蓄電池容量は軽くMWクラスまで跳ね上がり、蓄電池単価を考えるとよほど予算が潤沢にある施主様でない限り導入できません。

ではどのようにするかと言うと、停電時のサバイバルに必要な最低限の負荷を決めて、それらの負荷だけを希望の期間動かすための蓄電池容量に変更します。そうすると容量が100kWh以下の蓄電池にする事が出来るケースが大半です。

その場合よく使われるのがeneman製とニチコン製の蓄電池です。enemanは24kwhと32kwh、ニチコンは16kwhと32kwhという容量のラインナップを用意しています。容量が大きくなれば蓄電池を増設して対応する事となります。

価格に関してはこれらのメーカーでは施主購入価格が40万円/kWh~にはなるでしょう。要は施工費用を除いた部材で1,000万円/件~は必要となります。もちろん現地での施工環境や仕様で価格は変動するので個々の案件で見積もりを取る必要があります。

蓄電池は太陽光システムのみの場合と違って、施工や使用方法など格段に複雑になってきます。必ず蓄電池の取り扱いになれた業者から購入する必要があります。ソーラーデポは産業用蓄電池の納入・設置実績がございますのでご興味がある場合は下記までお問い合わせください。

ソーラーデポの蓄電池の情報こちらを確認

ソーラーデポへのお問い合わせはこちら

enemanのHPはこちら