コラム

卒FITとは?太陽光発電パネル設置費用が回収できなくなる?

コラム
2019年10月25日

太陽光発電による余剰電力を高値で売電するために重要な固定価格買取制度(FIT)。しかし、固定価格買取制度による高値での売電には保証期間があります。そこで話題になっているのが卒FITです。

今回の記事では卒FITに関する情報をお届けします。

卒FITとは何なのか。対象者は誰なのか。卒FIT後はどうすればいいのか。これらの疑問をこの記事を読むことで解決してください。

そもそも卒FITって何?

太陽光発電によって発電された電力は、自家消費で使用します。使用しきれず余った電力は、固定価格買取制度によって大手電力会社に売電されます。これは太陽光発電の普及を進めるために導入された制度です。

固定価格買取制度によって定められた売電価格は、高値になっており、10年間固定の価格で売電できることが保証されています。太陽光発電を導入してから、10年が過ぎることで、買取価格の保証が切れてしまうことを「卒FIT」と言います。

卒FITの対象って?

固定価格買取制度は2009年より開始されました。そのため、卒FIT対象となるのは固定価格買取制度が導入された当時に太陽光発電の余剰電力を売電し始めた方になります。これは2019年が固定価格買取制度が導入されてから10年目になるためです。

資源エネルギー庁が調査した内容によると、2019年で卒FITの対象となるのは約40万件になります。2019年以降も毎年数万件もの世帯で卒FITとなっていくことが予想されています。

卒FIT後はどうすればいいの?

卒FITとなった場合、太陽光発電の電力は利用できなくなるのかと考える方もいます。しかし、卒FIT後は主に「蓄電池を導入して自家消費」「大手電力会社の卒FIT買取サービスを利用する」「新電力の卒FIT買取サービスを利用する」の3つの選択肢から対応可能です。

各選択肢ごとにメリットがあるので、卒FITが近づいている方は、あらかじめ検討しておくことが重要です。

蓄電池の導入で自家消費をする場合のメリット

卒FIT後の対応策としてもっとも注目されているのは蓄電池の導入です。電気代が安くなったり、停電時の非常用電源として使えることがメリットです。

電気代は夜間と昼間で単価が変わります。そのため、電気代を安くしたい場合、単価が安い夜間に蓄電池に電力を貯め、単価が高い昼間に使用する方法がおすすめです。

蓄電池を導入し、完全自家消費型にするもっとも大きなメリットは非常用電源になることです。地震や台風などによる停電時に蓄電池に貯めておいた電力を使用することができるので、連絡手段となる携帯の充電や食材の冷蔵保存も可能になります。

ただ、蓄電池を導入するにあたり、ある程度の費用もかかります。しかし、最近では蓄電池の導入にかかる費用も安くなっており、資源エネルギー庁の調査では2015年から2018年にかけて約4万円/kWhも安くなっていると発表されています。

また、卒FIT後の蓄電池の導入は国からも推奨されているため、補助金を受け取ることも可能です。2019年より国や地方の自治体から補助金が出ることが決定されています。すでに太陽光発電設備を設置している世帯だけでなく、これから太陽光発電を導入する方も受け取り可能です。

ただし、一般社団法人「環境共創イニシアチブ」が公募し、公庫を予算とした補助金であるため、予算がなくなり次第締め切られる可能性があります。なお、申請予定は2019年5月となっています。

導入に抵抗があったり、予算があまりなかったりする方は、電力会社から提供される仮想蓄電池サービスを利用するのも選択肢。これは蓄電池を自宅に設置しなくても、余剰電力を貯めておくことができるサービスです。初期費用がかからず、電気を使用したいときに電力供給を行うことが可能になります。

大手電力会社の卒FIT買取サービスを利用する場合のメリット

初の卒FITの対象者が出る2019年では、各大手電力会社が卒FIT後に加入できる買取プランを開始しています。卒FIT後も売電を続けていきたいという方は、各電力会社の卒FIT買取サービスを利用すると継続可能です。

ただし、固定価格買取制度での売電価格から大幅に減少します。そのため、卒FIT買取サービスの利用を考える場合は、太陽光発電の設置にかかる費用を10年で回収できるか、あらかじめ検討しておくことが重要です。

また、電力会社ごとに定期的にプランが更新されているので、各自で都度確認しておくことも必要になります。

新電力の卒FIT買取サービスを利用する場合のメリット

各大手電力会社が卒FIT買取サービスを展開する前に、多くの新電力会社が卒FIT買取サービスを発表しています。契約をし直す手間がかかりますが、会社によっては大手電力会社より買取価格が高い傾向にあります。

卒FIT後に売電を行う場合は、新電力の買取サービスを利用するのも手です。

(画像はPixabayより)

まとめ

卒FITに関する知識は身につきましたか?卒FIT後の対応を考えておかないと、せっかくの太陽光発電による電力を利用できなくなるので、あらかじめ検討しておきましょう。

YouTube
【BGMあり】【卒FITとは?太陽光発電パネル設置費用が回収できなくなる?】