40mm厚の太陽光パネル代替品を35mm厚で補う方法

DIY
2020年2月7日

こんにちは。ソーラーデポです。

今回は40mm厚のフレームの太陽光パネル代替品を35mm厚パネルで補う方法についてお話しします。太陽光パネルのフレームは40mmと35mmのものがあります。FIT開始の2012年から数年間は40mmが主要でしたが、その後の新しいものは各メーカー35mmになっています(60 Cellパネルのみ)。

そこで困るのが40mmフレームパネルの付いている発電所で不具合等が発生して代替品が必要になった場合です。今メーカー保証を使って代替品を請求しても昔のパネルは廃盤になっており新しいタイプのパネルになる事があります。そうなった場合フレームの厚みが違う事により代替品が架台に設置が出来ない事があります(あくまで抑え金具を使用したパネル設置の場合)。

そんな問題を解決できる方法がスペーサーです。簡単な仕組みで35mmパネルに5mm分のスペーサーを取り付け、その取り付け部分に抑え金具を設置する事により40mmパネル用の架台にも設置できるようにします。

見かけはこういうものです。大体抑え金具は4点止めですので4個で1枚分です。

スペーサーの裏には強力な両面テープを貼ります。これで設置後にパネルがずれるのを防ぎます。

押さえ金具が来る位置にスペーサーを設置します。

完成はこうなります。これは上部ですが、下部にも設置して

パネル1枚につき4枚のスペーサーを付けます。

これで40mmフレームのパネルの交換も35mmフレームのパネルで行えます。ソーラーデポではこのスペーサーの販売しておりますのでお気軽にお問い合わせください。